スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「余命51時間だけど質問ある?」(他サイトより)

らばQより。
人のリミットは知りたくないし、自分より長生きして欲しいけど自分のリミットは知りたいかもしれない。

以下本当のお話。


オレゴン州の尊厳死法のおかげで、ようやく火曜日にガンとの闘いが終わります。準備のひとつとして鎮痛剤を切り、残っている限りの自尊心を取り戻そうと思っています。

自分が誰だったかというのは関係ありません。痛みが常にあり、疲弊しきった末に、ようやく一片の尊厳を許されました。質問したい人は何でも聞いてください。

海外掲示板に投稿されたこの内容に、数え切れないほどの質問や激励がされていました。

コメントの一部を抜粋してご紹介します。

・わあ……、平安があなたに訪れますように。あなたの考えがこのスレッドで記録されていきますように。

・(本人)正直にいうと痛みだけが問題で、そのことは医者にも言われました。自分が答えられる限り答えます。

・もし答えられるなら、どのタイプのガンですか。

・(本人)リンパ腫であちこちに転移しています。

・何歳ですか。残りの日はどうやって過ごしますか。

・(本人)最初の24時間は家族と過ごします。新品のiPadを使って掲示板につないだり、写真を見たりね。月曜日にはできるだけたくさんの手紙を書くつもり。

・どれくらいの間、ガンと闘いましたか。

・(本人)6年。脳に転移して、もうこれ以上手術は出来ない。

・何か後悔は?

・(本人)ひとつだけ。高校のときの彼女に婚約指輪を買って渡さなかったこと。馬鹿な喧嘩をして軍隊に入った。そのひとつだけ。

・何が一番恋しく、何が一番なくてもいい?

・(本人)一番恋しく思うのは「人生」、でもこの人生じゃなく窓の外にある人生。なくてもいいのは…、愛するものたちに闘いを味わせてしまった不面目さ。

・指輪は送ったらどうだろう?まだ時間がある。

・(本人)それはよくない。彼女を9ヶ月前に見つけて電話で話したよ。彼女は僕が病気だということは全く知らずに会おうと言ってくれた。月曜日には彼女は僕からの手紙が届く。彼女に指輪のことは言わない。僕が一緒に持っていく。

・あなたの友人や家族はなんとかあなたに頑張るよう、説得しようとしていますか?それともあなたの意思を尊重していますか?

・(本人)理解はしてもらっている。彼らは僕のリクエストで明日の晩には去ってもらう。虚栄心かもしれないが、彼らの最後の思い出が僕がコントロールの効く状態で幸せなものであってもらいたい。薬でもう何ヶ月もそんな状態じゃなかったから。

・一番うれしい思い出は?

・(本人)僕の甥がガンに打ち勝ったこと。彼が子供のときにガンにかかり、フィラデルフィアの小児病院で治癒してもらい、9年経つがガンの再発はなかった。次が夏に父親と野球を見に行ったことだ。

・僕らにメッセージか教訓を残したいとすれば、それは何だろうか?

・(本人)我々が持っている何であれ、人を傷つける価値はないということ。何もかも儚いものだということ。種族も性別も宗教も。

・オレは君を全く知らないが、君がいなくなると寂しく感じると思う。祈ってるよ。

・最後の食事は何かな?

・(本人)ゼリー。2度とひどい目にあいたくないので。取り戻せなくなった尊厳のひとつでもある。

・どうして火曜日なんだい? 例えば金曜日とかじゃなく?

・(本人)妹の誕生日が18日なので、病院やお葬式で誕生日を過ごさないように。

・それはすごい心遣いだ。彼女はすてきなお兄さんを失うね。読んでいて鳥肌がたったよ。

・君が誰であれ、僕に人生を考えさせてくれたよ。ありがとう。

・死ぬことは怖くないかい?死というものが怖くないかい?

・(本人)恐怖でいっぱいさ。でも家族には絶対言うつもりはないよ。痛くないことを望む。

・どうやって説明したらいいかわからないけど、自分は1度死にかけて死を味わったことがあるんだ。きっと痛みを感じずにいられることを楽しめると思う。2度とない痛み。痛みのなかった生活がどんなものかすぐ思い出して、自由がどんなに素晴らしいかと思うんだ。それでも君は君だ。達者に横断してくれ。終わりではない。新しい始まりだ。

・さよなら……。

・いろんなコメントを見ているだけで泣けてくる。

・死後の世界を信じていますか?どっちにしてもそれが決断に影響しましたか?

・(本人)両方ともNOという返事。苦痛と恐怖がこの決断を下した。歩く能力を失い、移動も出来ず、愛することもできず、未来もなく、ただ痛みがあるだけだから。

・何か価値のあることをしてみたいですか?何かずっとしてみたかったことは?

・(本人)Youtubeのビデオを作る計画をしているくらいかな。

・質問に答えるほかに、最後の数時間は何をして過ごすんだい?そしてがんばってくれ。平安が訪れますように。

・(本人)最後の数時間は「生きる」んだ。これは僕にとっての旅行であり、新しい人々に会うのにもっとも近い方法だ。バカのように聞こえるかもだが、これが僕の世界ツアーなんだ。

・オーストラリアのビクトリアからだが、訪問うれしいよ。

・アイルランドにもチェックインだ。

・トロントからだよ。

・ボストンからだけど、元気かい?

・テキサス・ヒューストンから、「ハウディ」(テキサスなまりのハロー)

・オランダから愛を送るわ。

・カンサスシティ、スタンバイ。

・ここはインドのデリーさ。

・スロベニアからさ。

・イギリスのオックスフォードから、こんばんは。

・シカゴからも、やぁ。

・中国の北京から、祝処平安。

・イギリス中部からだ。

・フロリダからもハーイ。

 ~その他、日本も含む世界中から多数の挨拶~

・君が世界に行けないので、世界のほうが君に来ることにしよう。2年前にアイスランドに行ったとき写真だよ。

・時間も日も困難になってくると思うけど、どんな考えが脳裏をよぎっていますか?僕らが想像するように、かなりヘビーにウェイトを占めていますか?

・(本人)まだあまり。月曜日が一番つらいのではないかと思う。

・何も質問したくないけれど、ハグしてあげたいよ。

・子どもとか孫とかいますか。なにか自慢できることは?

・(本人)子どもも孫もいない。自慢できることは大学を卒業できたこと。

・死ぬ前にやっておくことのリストは作ったかい?それの進行具合はどうだい?

・(本人)自分の子どもを作ることは失敗した。あとオーロラが見たいかな。

・アラスカからの写真だ。

・ここはアイスランドなので、いつでも見られるよ。次僕が見るときは、君のことを考えることにする。

・世の中には大勢の人が尊厳死に反対していて、「医師が幇助する自殺」とレッテルをつけていますが、それに対してどうしてあなたがそれを選んだかを反論できますか。

・(本人)もちろん。どうして人が苦痛から逃れる権利に反対するのか。ここまで来るのに多くの医師が必要だったし、誰もこのオプションを無謀に決定していないはず。僕の看病は非常に大きな重荷となっていて、そういった現実に対して疑問を投げかけるのはフェアではないと思う。そして宗教は一番の疑問。誰も知ってはいないのだから……。

膨大な質問と回答のため、ご紹介できるのはほんの少しにすぎませんが、現在も進行形でどんどんとコメントが寄せられています。

もし自分の死が目前に迫ったとき、どんな行動をするのか、どんな考えを持つのか。普段死についてそれほど考えているわけではありませんが、つかの間であっても生きることや人生について考えさせてくれる投稿ではないでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2011/03/08 15:21 ] 雑談。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabraks.blog71.fc2.com/tb.php/43-db1d06f3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。