踊る時に。

レストランで踊る時。
段差があったり、絨毯敷きだったり・・・

色々考えて事前に準備する訳です。
そりゃもうどんな大舞台より気を使いながら。

レストランは結構、当日行くまで席の配置がわからないとか、床の状態がわからない、とか着替えスペース(主にトイレ)の広さや場所がわからないとか。
レストランはお食事をする場所で絶対にダンサーのせいで雰囲気や気分を害される事が無いようにしないといけません。

自分がお客様として行った時にもつい気になってしまうのはベールと足元と香り。

ベールで踊るとすごく綺麗で優雅ですが自分が思うよりもお客様の至近距離にベールが振り回される事になります、時としてテーブルの上(お食事の上)をヒラリと舞うかも知れません。
ラメやら香水やら付いてるダンサーの体を纏ったり、床に置いたり擦れたりした物が・・・・
ホコリを舞い上げる可能性もあったりします(至近距離のレストランでジプシースカートひらひらも同様に←実際あるのです、残念ながら・・・)
そしてお客様にベールなど小道具類が一切触れる事の無いように扱わないといけません。
もちろん髪の毛も。

個人的にはベールを準備していても、ベールが一番似合う曲を使っても踊るスペースによっては現地でベールを諦めたりします。そしてその融通こそがダンサーとしても、人としても気配りが出来ると言う事だと思います。

次に足元。
基本ベリーダンスは素足が一番踊りやすいのですが、レストランの床の状態によってはダンス用のサンダルとかシューズを履きます。
どこに何が落ちているか解らない危険性と、床の汚さ。。。。
お食事中にチラリと見えたダンサーの足裏が真っ黒・・・・私なら食欲なくします。
水拭きが出来る床素材なら素足でも大丈夫かも知れませんがそれでもガラスの破片が落ちてる可能性もあります。

使わない可能性が高くても、ダンスシューズは常に持って行くべきだと思います。

最後に香り。
・・・・・これ大事!
良い香りをさせて美しく踊るダンサーさん・・・・うっとりです。
が、自分の好きな香りがみんなが好きな訳では無くて、しかもお客様の許容範囲を超えた香りの強さになるかも知れません。
お食事の匂い、お店の匂い、お客様の香水の匂い、ダンサーの匂い。
混じります!
お客様にダンサーが近寄った時にあまり鼻に近くなる場所に香水を付けない様に気をつけます。

・・・・もっと色々あるけど、最終的にはダンサーと言うより人としての配慮気配りなのかなと思います。

お客様全員がベリーダンスを好きな訳ではないし、良い面より悪い面の方が記憶に残ってしまうので。


文字にしちゃうと大変ですが別になんて事はない普通の事ばかりなんですけどね(笑)





スポンサーサイト
[ 2011/01/31 10:36 ] 雑談。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabraks.blog71.fc2.com/tb.php/30-2ef9c0b0